スキンケア一口メモカレンダー~肌の手入れ365日~

365日、美しい肌でいるためには 日々、変化する環境に合わせて スキンケアも変えていくことが必要です。 こちらのカテゴリーでは、1日にひとつ、365日(+1日)分、 その月、その日に役立つ スキンケアのヒントが書かれています。

大豆イソフラボン、摂っている?

大豆には女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。これはフラボノイド*(ポリフェノールのなかでも重要な色素成分類)の一種。植物エストロゲンのひとつといわれ、化学構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ていてエストロゲン受容体に結合することから、エストロゲンの働きに似た生体作用を発揮します。これにより、更年期障害の軽減や骨組しょう症の予防に効果があるといわれます。また、エストロゲンの働きを補うことからコラーゲンを増やして肌のハリを保つことや、新陳代謝を高めて肌の生まれ変わりを促進する働きが期待できます。
 
*フラボノイドは、ほかにブルーベリーに含まれるアントシアニン、お茶に含まれるカテキンなどがあります。
 
クオール菌がある人、ない人
 
大豆イソフラボンの恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることを知っていますか?大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分から、腸内細菌の力を借りて「エクオール」に変換できる人は、恩恵を受けやすい人です。エクオールダイゼインよりもよりエストロゲンに似た働きをするためです。腸内細菌(エクオール産生菌)をもっている人の割合は、国や世代により差があり、日本人の20代では20%程度と少数。大豆の摂取量などによる腸内環境の違いによるものと考えられています。気になる人はサプリメントでエクオールを補うこともできます。

1日1食は大豆食品を

立春のころになりました。立春の前日は節分。大豆を食べましょう。節分とは本来「季節を分ける」という意味で,季節が移り変わる立春立夏立秋立冬の前日、つまり1年に4回節分がありました。なかでも立春は1年の始まりとしてとくに尊ばれていたため、いつしか節分といえば2月の節分のみを指すようになったといわれています。節分といえば豆まき。これは中国の習俗が伝わったものとされています。豆は「魔減」に通じ、無病息災を祈る意味があります。
豆まきには大豆が使われます机 大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど、たんばく質を豊富に含みます。しかも、必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質なもの。さらに、食物繊維カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンBl・E、葉酸などたくさんの栄養素が含まれています。たんばく質は人間の筋肉、内臓、皮膚などの組織をつくる成分。健康と美容のためには不可欠な栄養素です。
納豆、豆腐など栄養豊富な大豆食品を、1日に1回は摂ることをおすすめします。摂取量の目安は、1日に豆腐約1/2丁(110g)、納豆1パック(40g)、煮豆約80gです。
 
大豆の種類・大豆を使った加工食品
 
枝豆(大豆が若いうちに収穫したもの)、もやし(大豆を発芽させたもの)、きな粉(煎った大豆を粉にしたもの)、炒り豆、煮豆、納豆、味噌、醤油、豆乳、ゆば、おから、豆腐、油揚げ、厚揚げ

化粧品のお試しは生理後から排卵期に

試供品を試す予定はありますか? 
 
化粧品の春の新製品情報が出てくる時期です。試供品をもらったらすぐに使わず、自分の肌と相談をしましょう。たとえば、乾燥しているなど肌トラブルがあるときは、刺激を受けやすい肌になっています。また生理前から生理中は、プロゲステロンの影響を受けて皮脂の分泌が盛んになり、肌は敏感になっています。このようなときに使ったことのない化粧品を使うとトラブルになりやすく、自分の肌との相性を正しく見ることができません。試供品を使うなら生理が終わるころから排卵期ごろで、肌トラブルがないときにしましょう。