スキンケア一口メモカレンダー~肌の手入れ365日~

365日、美しい肌でいるためには 日々、変化する環境に合わせて スキンケアも変えていくことが必要です。 こちらのカテゴリーでは、1日にひとつ、365日(+1日)分、 その月、その日に役立つ スキンケアのヒントが書かれています。

1日1食は大豆食品を

立春のころになりました。立春の前日は節分。大豆を食べましょう。節分とは本来「季節を分ける」という意味で,季節が移り変わる立春・立夏・立秋・立冬の前日、つまり1年に4回節分がありました。なかでも立春は1年の始まりとしてとくに尊ばれていたため、い…

ドライのしょうがで冷え症対策

からだが冷えていませんか?冷えが気になる日は、乾燥させたしょうがのパウダーを紅茶や野菜スープにふりかけて食べましょう。しょうがは、生で食べたときと乾燥させて食べたときでは、からだへの働き方が遣ってきますも生のしょうがに含まれる成分「ジンゲ…

ほうれん草で肌あれ予防

「ほうれん革」を食べましょう。1年中辛に入りますが、旬である12月から1月の露地ものは葉が肉厚で色も濃く、霜に当たると甘みが増し、さらに栄養価も高まります。抗酸化作用のあるβ一カロテンや、皮庸や粘膜を正常に保つビタミンB2を豊富に含みます。女性に…

お酒の飲みすぎで肌はあれる?

今日は「禁酒の日」。1920年、アメリカで禁酒法が実施された日です。そこで、お酒の話。深酒が続いたとき、肌の状態が悪く、化粧がのらずに困った経験はありませんか? アルコールは肝臓で分解されますが、そのときナイアシン(ビタミンB3)などのビタミンB…

いちごで、肌老化と風邪予防!

ビタミンCがたっぷり含まれたいちごを食べましょう。旬は12月から6月。ビタミンCはコラーゲン線維の合成に欠かせない、肌の弾力やハリをもたらす栄養素。抗酸化作用もあるため、肌老化対策にも役立ちます。しかし、一度に多く摂っても体内に貯めておくことが…

今日、どれだけ糖質を摂った?

仕事や学校が始まれば外食も増え、パスタ、ラーメン、菓子パン、甘いデザート、甘味飲料など、糖質が多いものを食べる機会が増えるため、毎日摂る糖質の量が気になります。実は、糖質の摂りすぎが肌のくすみの原因になることを知っていますか?糖質を摂りす…

今日、どれだけ糖質を摂った?

仕事や学校が始まれば外食も増え、パスタ、ラーメン、菓子パン、甘いデザート、甘味飲料など、糖質が多いものを食べる機会が増えるため、毎日摂る糖質の量が気になります。実は、糖質の摂りすぎが肌のくすみの原因になることを知っていますか?糖質を摂りす…