スキンケア一口メモカレンダー~肌の手入れ365日~

365日、美しい肌でいるためには 日々、変化する環境に合わせて スキンケアも変えていくことが必要です。 こちらのカテゴリーでは、1日にひとつ、365日(+1日)分、 その月、その日に役立つ スキンケアのヒントが書かれています。

コラーゲンを摂ると肌にハリが出る?

コラーゲンが含まれる食品を摂ると、それがそのまま肌のコラーゲンになるのでしょうか?

答えはNO。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日焼けを気にする女性におすすめ。
ビアンネより「飲む紫外線対策サプリ」のご紹介です。

メディパラソル新規購入プロモーション

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

口から入れたコラーゲンは、消化管で分解されてコラーゲンペプチドになり、小腸の腸管から吸収され、血液にのってからだのあらゆるところに運ばれます。

しかし、最近になってコラーゲンペプチドの血中濃度が上昇すると、コラーゲン線維を
つくる線雑芽細胞が刺激され、生成を促進させる可能性が報告されています。コラーゲンの摂取量は1日約5~10g(手羽先の場合4~5本)が望ましいとされています。

さらにビタミンCを-緒に摂ることで、正常なコラーゲン繊維がつくられやすくなります。美肌のために欠かせないコラーゲンですが、食べるときに糖分を摂りすぎたり、加熱しすぎたりすると、コラーゲンが糖化変性するので注意を。美肌のためにコラーゲンは毎日摂ることをおすすめします。

コラーゲンを含む代表的な食品

動物性食品

●豚足●鶏の皮●手羽先●軟骨●牛スジ●牛テール
●豚バラ肉

海洋性食品

●すっぽん●ふかひれ●えいひれ●魚の皮 ●うなぎ
●なまこ ●かれい ●えび●くらげ
そのほか
●ゼラチン(ゼリー)

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・皮膚科専門医が考案した本当のドクターズコスメ
・肌への負担、肌の機能を妨げないことを第一に成分や配合をひとつひとつ厳選!
・下地も日焼け止めもいらないので朝のメイクが楽!

ミネラルファンデーションのビューティフルスキン【トライアルキット】

広告を非表示にする