スキンケア一口メモカレンダー~肌の手入れ365日~

365日、美しい肌でいるためには 日々、変化する環境に合わせて スキンケアも変えていくことが必要です。 こちらのカテゴリーでは、1日にひとつ、365日(+1日)分、 その月、その日に役立つ スキンケアのヒントが書かれています。

肌のハリを支えるエストロゲン

5月病などで体調が悪くなると、ホルモンバランスも乱れ気味に。

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
着るだけカンタン肉体改造!【金剛筋シャツ】
姿勢が悪いと骨盤が歪み脂肪をどんどんため込んでしまいます。
ウエストの引き締め効果も!理想Bodyへチェンジ!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

すると、生理不順になったり、自律神経の乱れ、頭痛や冷え症、イライラといった症状が出て、肌の調子も悪くなります。こうした気になる症状が出ていませんか?


今日は、女性ホルモンについて、考えてみましょう。


女性らしいからだをつくる女性ホルモン(エストロゲンプロゲステロン)は、美肌とも密接な関係があります。


エストロゲンは、卵巣から分泌されます。

真皮層にあるコラーゲン繊維やエラスチンの合成を促進する働きがあるため、肌のハリや弾力を保ち、シワやたるみを予防します。また、髪の成長を維持する、骨を強くする、コレステロールの蓄積を防ぐ働きもあります。妊娠などによりエストロケンが増加すると、メラノサイトの活動が活発になり、シミや雀卵斑(そばかす)を増やす原因に。加齢などにより減少すると、皮膚老化や骨租しょう症、更年期障害の原因にもなります。

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
・自社開発の東洋ハーブエキスを使用している
・3ステップで完了なので毎日のケアが楽チン
・カスタマーサポートが充実している
あきゅらいず基本の3ステップスキンケア
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ホルモンの分泌を正常に保つためには規則正しい生活を送り、ストレスをできるだけためないようにし、からだを冷やさないように努めることが大事です。
広告を非表示にする